うつ病改善プログラム〜薬も心理療法もやめられた画期的な治療法〜

食事を見直してうつ病を根本的に克服

恐らくこのブログを読んでくれているあなたは、
うつ病という病気についていろいろ調べていると思います。

 

 

そして脳内神経伝達物質が
うつ病に大きく関わっていることもご存じだと思います。

 

 

アメリカをはじめ先進国では、
従来『こころの病気』とされていたうつ病が、

 

いまでは『脳の病気』として認知されていることを
ご存知の方も多いと思います。

 

 

そうなのです。

 

 

うつ病は、『こころ』の病気ではなく、
『脳』の病気なのです。

 

 

ですので、抗うつ薬などで、
仮に一時的にうつ症状が改善しても、

 

それはあくまでも一時的なものであって、
根本的な解決にはなっていません。

 

 

薬の効果が弱くなると、
また同じ症状が出てしまいますし、
どんどん薬の量も増えていってしまいます。

 

 

それによって、なんとかうつ病の
「回復期」や「リハビリ期」を乗り越えたとしても、

 

またしばらくして再発を繰り返す
ということにもなりかねません。

 

 

そこで今回ご紹介するうつ病克服法は、
食べ物を見直してうつ病を根本的に克服するという方法です。
  ↓  ↓  ↓

 

 

「脳」や「内臓」を含め、
私たちの体を作っている“食べ物”を見直すことで、
うつ病は根本的に克服することができるのです。

 

【荒木式】うつ病改善プログラム
  〜薬も心理療法もやめられた画期的な治療法〜

 

 

 

祟高クリニック院長 荒木裕先生の監修による、食事療法で薬も心理療法もやめられた画期的なうつ治療法をご紹介しています。